大阪のトイレつまり蛇口水漏れ修理|水道お役立ちコラム

トイレつまり蛇口水漏れ修理のイーライフサポートセンター

フリーダイヤル・24時間受付・年中無休0120-387-303

大阪のトイレつまり蛇口水漏れ修理|水道お役立ちコラム

トイレつまり蛇口水漏れ修理のイーライフサポートセンター

フリーダイヤル・24時間受付・年中無休0120-387-303

ホーム

サービス内容・料金

よくあるご質問

お客様の声

無料お見積り

Q&A

COLUMN

戸建て住宅の場合、多くのところで庭先などに散水栓が備わっています。備えている植木に水を与えたり、外構部分の洗浄や洗車などで活躍する水道設備ですが、どなたでも一度は散水栓の水漏れを経験されたことがあるでしょう。その大半の原因がパッキンの老朽化であり、しっかりとハンドルバルブを閉めているのに、蛇口から水が滴り落ちて止まらないという現象です。

また冬だと水道管が凍結をすることでも水漏れが発生します。そこでここでは、簡単に散水栓の水漏れ修理の方法をご紹介しましょう。まず用意をするのはパッキンであり、ホームセンターやネットショップで「16水栓」と記載をされているものを購入します。1個100円程度で販売をされているため、日頃から自宅内にストックをしておくことをお勧めします。

なお、「16」とは一般家庭向けの水栓のことを指す数字で、屋外の散水栓だけでなく自宅内の浴室やキッチンの流し台にも使用することが可能です。必要な工具はスパナとプラスドライバーなので、これらを持っていない方はパッキンと同じく、ホームセンターで購入をしないといけません。まずハンドルバルブのフタをドライバーで取り外しますが、その前に必ず給水栓をしめるようにします。

これは散水栓だけでなく、すべての水道設備の修理をするときの基本です。その後、スパナを使って蛇口の上部を取り外して古いパッキンを新しいもにに取り替えます。力も難しい技術も不要で、女性やお年寄りでも5分程度で修理を終えることが可能です。水道管の凍結によって散水栓の水漏れが起きている場合は、蛇口の一部が膨張して水漏れを起こしている可能性があります。

この場合の修理も個人でおこなうことができます。蛇口は取り替えが可能な箇所で、市販されているものであればどれでも形状は合います。今現在取り付けているものと同じものを購入して設置をし直せば、散水栓の水漏れは解消されて快適に使うことが可能です。

水道お役立ちコラム一覧

国内の全メーカーに対応できます。TOTO LIXIL Panasonic INAX Janis クリナップ Rinnal Palomaなど。水漏れ、つまりなど水回りのどんなことでも解決します!

Web限定 基本料金2,000円が0円。作業代金980円~

一戸建て・マンション・店舗・オフィス

どんな場所でもお任せください!

最短20分で最寄りの修理スタッフが駆けつけます。ご相談お見積りまでは無料ですのでご安心下さい。作業前に必ずお見積りを提示いたします

ホームページを見た!で2,000円割引

0120-387-303

0120-387-303

メールでご相談希望の方はこちら

LINEからもお気軽にご相談ください

選べるお支払い方法 現金 銀行振込 NP後払い クレジットカード(アメックス、VISA、MASTER、Diners Club)

イーライフサポートセンター