大阪の台所まわり、水漏れする前に点検しませんか?

トイレつまり蛇口水漏れ修理のイーライフサポートセンター

フリーダイヤル・24時間受付・年中無休0120-387-303

大阪の台所まわり、水漏れする前に点検しませんか?

トイレつまり蛇口水漏れ修理のイーライフサポートセンター

フリーダイヤル・24時間受付・年中無休0120-387-303

ホーム

サービス内容・料金

よくあるご質問

お客様の声

無料お見積り

Q&A

COLUMN

台所まわりの水を使用する機器は、直接配管が見えないため水漏れするまで気づきません。普通に生活しているとわざわざ流しに潜り込んで点検しない人も多いのではないでしょうか。水回りの機器も寿命があるので少し心配になった方は点検してみると良いでしょう。

点検場所 流し水栓

流しの水栓が直接流しに付いているタイプは、給水と給湯の配管が流しの扉を開けると見えるようになっています。見えない場合は、正面の板に取り外しのできる点検口があるはずです。(ないと接続できないため)点検する個所は、ホースと下から伸びている配管と接続している個所です。既製品の高圧ホース場合は、水漏れするとしたらほぼこのまわりになります。配管から水栓までが表面がデコボコしたフレキと言われる配管で接続している場合、上下の袋ナットで接続している個所が一番、水漏れする可能性があります。内部にパッキンが入っていますが、経年の劣化で薄くなったり、亀裂が入ったりすると水漏れしてしまいます。手で触ってみて濡れているなら水漏れしている可能性があります。上で漏れた水が下にしたって落ちてきた可能性もあるのでホースや配管の上の方まで、手で触って確認しましょう。

点検場所 浄水器

いろいろなタイプがありますが、最初から浄水器をつけるように選択していた場合は、流しの中に本体があることが多いです。新築などで最初から付いていた場合は、耐圧試験なども行っているので安心ですが、後から別の業者が取り付けした場合などは、技術力不足から水漏れすることもあります。浄水器本体からホースやフレキが接続されていると思います。接続部分は袋ナットでつながっています。台所用品などが当たり強い衝撃が加わると袋ナットが緩んでしまうこともあります。手で袋ナットの部分をさわって、濡れていないか確認してみましょう。

点検場所 食器洗浄乾燥機

新築で最初から食器洗浄乾燥機を選択した場合、ビルトインタイプになります。流しの中に納まるタイプなので見た目も美しいですし、卓上型と違って場所をとりません。その反面になってしまいますが、配管が流しの下のわずかなスペースで接続されているため、技術力のいる作業となります。食洗器の一番下のカバーを外すと、排水管と給湯管(給水管の場合もあり)が見えると思います。水漏れで多いのは本体から伸びている排水・給湯ホースと配管の接続箇所になります。床に水が溜まっていないか、接続箇所が濡れていないか手で触って確認してみましょう。

流しまわりで水漏れすると発見が遅れがちになります。年数がたっている物件でしたら、定期的に点検しみてはいかがでしょうか。

水道お役立ちコラム一覧

国内の全メーカーに対応できます。TOTO LIXIL Panasonic INAX Janis クリナップ Rinnal Palomaなど。水漏れ、つまりなど水回りのどんなことでも解決します!

Web限定 基本料金2,000円が0円。作業代金980円~

一戸建て・マンション・店舗・オフィス

どんな場所でもお任せください!

最短20分で最寄りの修理スタッフが駆けつけます。ご相談お見積りまでは無料ですのでご安心下さい。作業前に必ずお見積りを提示いたします

ホームページを見た!で2,000円割引

0120-387-303

0120-387-303

メールでご相談希望の方はこちら

LINEからもお気軽にご相談ください

選べるお支払い方法 現金 銀行振込 NP後払い クレジットカード(アメックス、VISA、MASTER、Diners Club)

イーライフサポートセンター