大阪のトイレつまり蛇口水漏れ修理|水道お役立ちコラム

トイレつまり蛇口水漏れ修理のイーライフサポートセンター

フリーダイヤル・24時間受付・年中無休0120-387-303

大阪のトイレつまり蛇口水漏れ修理|水道お役立ちコラム

トイレつまり蛇口水漏れ修理のイーライフサポートセンター

フリーダイヤル・24時間受付・年中無休0120-387-303

ホーム

サービス内容・料金

よくあるご質問

お客様の声

無料お見積り

Q&A

COLUMN

水道料金の明細が上がった場合、パッキン等が破損して水漏れが発生した可能性があり、水道メーター等を確認する等調査を行い、パッキンを変える等の対策を行う必要があります。調査方法に関してはパイロットを確認するとよいですが、水道を使用しない場合、水が流れている間だけ回転するパイロットとは回転しません。

水を使用していないのに回転している場合は、どこかで水漏れが発生しているため、どこで発生しているかチェックするとよいでしょう。原因箇所をチェックしたい場合、家の中に存在する止水栓を1箇所ずつ閉め、パイロットを確認しなければなりません。具体的にはトイレの止水栓を閉めてもパイロットが動いた場合は、トイレ以外で水漏れが発生している可能性があります。

まずは水漏れが起こりやすいと考えられる、台所やトイレをチェックしなければなりません。漏水の原因としてはパッキンの破損や老朽化、配管の老朽化や衝撃による破損等があげられます。漏れを防ぐために、水道管の接続部分や配管と蛇口のつなぎ目等は、樹脂で作られたパッキンが使用されています。

樹脂で作られているということで、年月が経過するとひび割れが発生したり、亀裂が入る可能性もあり、徐々に水が漏れることもあります。配管に関しても、年月が液化すると共に腐食したり老朽化し、トラブルが発生する可能性があるといえるでしょう。衝撃による破損については、地震や台風等により強い衝撃を受け、配管にダメージを与えトラブルが発生する場合もあります。

腐食する等経年劣化が原因の場合は、対策をとらず放置しておくと被害が大きくなるため、注意しなければなりません。キッチンの場合は、蛇口や排水口と排水管の接続部分が原因の場合が多く、コマパッキン等を交換するとよいでしょう。

トイレの場合はレバーの付け根やタンク内で漏れが発生している場合が多く、パッキンやタンク内の部品を交換するとよいです。トイレの水漏れは、止水栓を閉めると一時的な対処が可能なためまずは止水栓を閉めるとよいですが、止水栓の接続部分のナットが緩んでいると水漏れが発生するため、注意する必要があります。

水道お役立ちコラム一覧

国内の全メーカーに対応できます。TOTO LIXIL Panasonic INAX Janis クリナップ Rinnal Palomaなど。水漏れ、つまりなど水回りのどんなことでも解決します!

Web限定 基本料金2,000円が0円。作業代金980円~

一戸建て・マンション・店舗・オフィス

どんな場所でもお任せください!

最短20分で最寄りの修理スタッフが駆けつけます。ご相談お見積りまでは無料ですのでご安心下さい。作業前に必ずお見積りを提示いたします

ホームページを見た!で2,000円割引

0120-387-303

0120-387-303

メールでご相談希望の方はこちら

LINEからもお気軽にご相談ください

選べるお支払い方法 現金 銀行振込 NP後払い クレジットカード(アメックス、VISA、MASTER、Diners Club)

イーライフサポートセンター